着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、無条件で付加

たとえ未使用の着物で、傷みがなくても、無条件で付加価値がつくとは限りません。

どんな生地、色柄も、少しずつ劣化していくこともあるので時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。

着用の有無が全てを決めるわけではなく、査定時の状態が買取金額を決めるのです。

運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、と思う着物は買い取りに回しましょう。

査定は無料のところが多いです。

早く業者に持って行きましょう。

着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうとき有利な買取のために、気を遣ってほしいのは、ある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。

家電、パソコン、ゲーム機などの買取でも同じです。

これらは産地や製作者の証明になるので、高級品であるほど、あるかないかによってものの価値は相当違ってきますから、残っている限りのものを必ず一緒に送りましょう。

それも着物の価値の一部です。

家を建て替えることが決まったので昔からしまいこんでいたものを整理していますが、反物がいくつか見つかりました。

上手く保管されていたので状態も良く、外側だけ見ましたが、傷みはなくて買ったときとほとんど変わらないでしょう。

着物買取業者の案内を調べてみると反物も着物と同じ扱いで買い取ってもらえるそうです。

仕立てないまましまっておくよりも、そのうち買い取ってもらおうと前向きに考えています。

さほど重さが気にならないのであれば、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。

訪問査定と違って、業者の出した金額に不満があるときは、断って別の店を探すこともできます。

なにより対面式ですから、個々の査定額やその理由もわかり、交渉もしやすいです。

しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、これなら大丈夫という引取業者に訪問査定を依頼するのはどうでしょう。

最近はリサイクルが浸透してきたおかげで、和服買取をしてくれる業者というのが以前よりずっと増えてきています。

ネットさえあれば買取業者はたくさん見つけられますが、もっとも気になるのは、普通の買取業者を装って、不当な安値で叩いたり、着物だけを騙し取るといった詐欺まがいの営業を行っている業者もあるという事実です。