着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

古い和服を処分すると言ったら、友達のお母さ

古い和服を処分すると言ったら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが価格は高くなるらしく、色あせや生地の傷みがあるときは、査定額もぐっと落ち、ときには引き取ってもらえないこともあるようでした。

私のは比較的新しいし殆ど着ていないので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。

もう着なくなった古い着物や帯などが、うちの納戸には山ほど保管されていました。

中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、業者さんは納得の上で買取してくれました。

最近の着物買取というのは、多少のシミがあっても会社お抱えの染み抜き専門家が対応するそうで、買い取るパターンのほうが多いそうです。

といっても、そんなに高い買取価格は見込めないですけどね。

着物は日本が誇る美しい衣装ですが、いいものであるほど、お手入れに手間がかかります。

虫干しは定期的に行い、間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、最後に桐箪笥に入れて保管しなければならず手間をかけないと傷んでしまいます。

そこで提案ですが、もしも着ない着物やサイズが合わない着物があれば着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。

タンスの肥やしに日が当たることになりますし、枚数が減れば、お手入れの手間も減ります。

最近、和服の買取専門業者の広告をよく見かけるようになりました。

箪笥の肥やし状態で放っておくと、防虫剤等をいれていても、劣化は避けられないので着物そのものの価値が落ちます。

新しくて状態が良い着物は高額査定になる場合もありますから、思い立ったら早めに依頼して買い取ってもらうと、着物も生き返ると思います。

祖母の遺品を少しずつ整理しています。

その中で引き取り手のない着物がかなりありました。

着物の買取専門業者があると聞き、調べてみたところ電話もしくはメール一本でどこまでも買取の車を出してくれるところも結構あるのですね。

着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、自分ひとりでお店まで運ぶことを考えると気が遠くなる、と頭を抱えていたのでとても嬉しいサービスでした。