着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなって久しい着物を処分す

着なくなって久しい着物を処分するのに悩んでいる人はいませんか。

最近は専門の買取業者さんというのが増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。

たんすに眠ったままだった和服ですが、再び人の目に触れ、喜ばれるのは嬉しいものです。

査定やキャンセル料が無料のところも多いですし、依頼してみる価値はあると思います。

紬や訪問着など案外、良いお値段になることもあるようです。

着物の買取で、タンスの肥やしを処分できればと思うけれども、買い取りしてもらえなかったらどうしよう。

そう思うのは当然です。

着物の種類は振袖、留袖、訪問着など細かく分かれています。

さらに素材、技法など、価値を決める要素はたくさんあります。

着物鑑定のプロでないと、買取価格は見当がつきません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば高値での買取を期待していいでしょう。

ブランド品でも最近のものは裄丈など、サイズが大きめに作られているので需要があり、業者が手に入れたいのです。

友人の祖母が亡くなり、形見分けして着物をもらったのですが自分では着ないので、業者に買い取ってもらおうかと周りに聞いて回っています。

ものはいいそうですが、すれたりほつれたりもあるようで買い取りできないときはどうしたらいいのかとあれこれ心配しています。

ちょっと考えても、業者は買い取ったものが売れないと困るわけだし、明らかなすれや傷みのある品は売れないと思います。

そんな話をすると、友達は業者に見せるのをもういいと思ったようです。

着る人がいない着物を処分する際は、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがありますから、素材不明でも査定に出してみましょう。

けれどもウールや化繊の着物というと、元値が低いため、仮に買い取るとしても安かったり、当初から引取対象外にしている店もあります。

リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、買い取ってくれる率が高いでしょう。

リサイクルブームがひとつの契機となって、着物買取を専門にするところが増えてきているようです。

ウェブ検索すると数多くの業者が見つかりますが、利用者として気をつけなければならないのは、買取実績がある業者のふりをして、宅配等で商品を詐取したり、宝石や貴金属などと無理やり併せて買い取るといった詐欺ともいえることを行っている業者もあるという事実です。