着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物の買取を考えているので、まずはどんな着物に高値が

着物の買取を考えているので、まずはどんな着物に高値がつくのかネットであれこれ調べてみました。

ものが良くて、買ったときに高かったというのは絶対に必要なことですが、それだけでなく、使っている間に、シミや傷がついていないかということも査定価格を左右するようです。

もとがどんなに高価だったとしてもプロが傷を見つけてしまうと大幅な査定額減は避けられないようです。

私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受けた着物があるけど、リサイクルに出したいけど、どこか買い取ってくれるところはないかとけっこう悩んでいました。

すれや傷みもあるということで買い取りできないこともあるのかなとあれこれ心配しています。

ちょっと考えても、業者は買い取ったものが売れないと困るわけだし、素人が見てもわかるような傷があれば、査定しても値はつかないでしょう。

そういう話を何人にもされたようで、友達も売るのはあきらめて、別の処分方法を考えるようです。

着物の宅配買取もよく行われていますが気を付けた方がいいことは、着物や反物の購入時についてくる切れ端や保証書を保管しておいたか、確かめることです。

リサイクルショップに家電を売るときと同じく、このような品質を保証するものは言うまでもなく、その有無によって買取価格はかなり違うと考えてください。

一部でもとってあれば必ず一緒に送りましょう。

それも着物の価値の一部です。

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、買い取るとき、絶対的な価値を持っているのは有名な産地で生産された品です。

たとえば大島紬、本場黄八丈のような昔から着物好きな方に愛されてきた有名な産地の着物は古くても価値があるので査定でも高値を期待できます。

着物の状態が査定額を左右することはもちろん、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはいろいろな品の買い取りと同じく、当たり前のことです。

高価な着物は持っているだけで優雅な気分になれるものですがその手入れには特有の手間がかかるものです。

虫干しは定期的に行い、畳むときには和紙を入れ替え桐箪笥での保管も必要と、念を入れた手入れが必要です。

ご自宅の着物の中に、もう着ないものや裄丈が合わないものがあるのなら、業者に買い取ってもらうという手があります。

着ない着物を生かすことにもなりますしお手入れの負担も少し軽くなります。