着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母からの形見分けで、着物を何枚か

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので専門の業者の査定を受け、買い取っていただきました。

今後、私たちが着物を着る機会は少なくただタンスの奥で眠らせておいても着物がかわいそうだし、着てくれる人に引き渡すのが、一番いいという話になったのです。

いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、一点で高値がつくようなものはなく、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、友人が買取の概要を教えてくれました。

きれいで新しめの品物のほうが高値になり、色あせや生地の傷みがあるときは、それなりの価格になってしまうこともあり、価格がつかない(引き取らない)こともあるようでした。

私のは比較的新しいし殆ど着ていないので、とりあえず査定だけでもと思いました。

着ない和服を買取に出そうと考えている人でも、着物や帯の点数が多かったり、店舗が遠かったり、あっても駐車場がないと、持ち込むだけで疲れてしまいますね。

それなら、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。

依頼主は電話をかけるだけで済みますが、ただ、業者基準の量に満たないときは、来てもらえないこともあるので、事前に電話で相談しましょう。

着物買取の注意点です。

査定では着物としての様々な価値を調べられ、さらに状態をチェックされます。

着物としてどれほど高級だとしても、汚れがついているものや、カビの跡が見られるものはほとんど値がつかないというのが仕方ないと思ってください。

ただ、染み抜きなどで完全に落とせるものなら買取の可能性がかろうじて残っています。

くれぐれも素人判断は禁物です。

無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。

着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろん着物に付随した小物、たとえば帯締め帯揚げなど買い取りもできるので、聞いてみましょう。

ただ、襦袢の買取は期待しないでください。

これは下着と考えられるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。

それでも買い取る可能性があるのは未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであれば需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

他の着物や帯と一緒に、査定してもらいましょう。