着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

不要な着物を買い取ってくれる業

不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞き、どんな流れで買取を進めるのか、業者のホームページで調べたのですが、思ったより使い勝手は良いようで、自宅で出張査定を行う業者や専用の箱も無料、宅配で送るのも無料で、査定も無料という業者もごく当たり前になっているようです。

私の場合はどうしようと思いましたが持ち込むのも負担ではない枚数なので近くのお店の予約を取ってから、直接持って行き、その場で買取が終われば一番楽だと考えています。

かさばる着物を買い取りに出したいと思っていても、着物とその付属品が大量だとか、近所に店舗がなかったりすると、持参するのに苦労しますね。

そんなことを考えているときは、自宅への出張買取を頼むと良いでしょう。

電話すれば業者が自宅に来てくれます。

ただし、それなりの量に満たなければ利用できないこともあるので、先に電話で確かめておくと安心でしょう。

着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他帯に合った帯締め帯揚げなど小物もセットで売ることもできます。

ただ、襦袢の買取は期待しないでください。

これは下着と考えられるため一度でも着たものは買い手がつきません。

それでも買い取る可能性があるのは素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは交渉次第で売れるかもしれません。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。

一度も着ることなくしまわれていた着物も、必ずしも高値がつくものではありません。

着ることによる傷みはなくても少しずつ劣化していくこともあるので時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。

使用済か未使用かではなく、査定したときの状態が悪ければ価値はありません。

未使用で着るあてもなく、保管状態も悪くないという着物をお持ちの方、一日でも早く買取業者に見せましょう。

着なくなって持て余しぎみの着物を片付けたいと考えながら、どこにどうやって頼んだら良いのか困ってはいないでしょうか。

最近増えた、宅配便を利用した着物買取を利用すると手軽で良いと思います。

お店のウェブサイトから買取申し込みすると、着物を送るときの宅配便代や手数料がタダになるところもあるようです。

もともとは高かった着物を見てもらうのですから、品物と相場の両方がわかる査定士さんがいる店を選ぶことが一番だと思います。