着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますが

伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますが手入れには本当に気を遣います。

一斉に虫干しをして間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、保管は桐箪笥に入れてと、手間をかけないと傷んでしまいます。

そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。

タンスの肥やしに日が当たることになりますし、お手入れの負担も少し軽くなります。

着ないで場所ばかりとる着物類。

買い取りに出して片付けたいと思っても、点数自体が多いとか、お店が近所になかったりすると、持っていくのに一苦労です。

それなら、買取業者の訪問買取を活用してみませんか。

電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。

ただし、それなりの量に満たなければ受け付けないこともあるので、事前連絡の際に相談しましょう。

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、これから利用する人は気をつけましょう。

ほんの一例ですが、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、事前連絡なしに家にやってきて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあるようです。

チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。

まともな業者なら、そういった心配は不要でしょう。

子供が生まれたとき、お宮参りに着ていく着物を買うことになりました。

手入れが大変なのでレンタルにしたかったのですが周りからの、着物を買うのが当たり前というプレッシャーには勝てませんでした。

でも、とにかく手入れが大変です。

自分でいうのも何ですが、長く着られる上等な着物を選んだので次に着るときまできちんと保管しなければならないのは当然です。

桐箪笥で保管しなければならないのはわかっていますが、今のわが家では、場所に余裕はないのです。

七五三で着る予定はありますが、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。

つい最近、祖母の形見だった着物を着物買取専門のお店に持って行きました。

今後、私たちが着物を着る機会は少なく着ないまま持っているのも着物がかわいそうだし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。

一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたが一点で高値がつくようなものはなく、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。