着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

まとまった量の着物を買い取ってもらい、

まとまった量の着物を買い取ってもらい、総額で結構な値がつくこともありえます。

一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。

基本的には和服も衣類で、生活必需品とされ有償で譲渡しても課税されませんが、美術工芸品とみなされると売却額に税金がかかるので簡単に割り切れない問題です。

不安を取り除くためには大事な着物のことで不愉快な思いをしないためにも、どこの税務署でも常時相談を受け付けていますので、問い合わせをすすめます。

着物のブランドはたくさんありますが、買い取るとき、高値をつけられるものといえば産地の名を冠するブランドものです。

代表的なのは大島紬、本場黄八丈ですが、着物好きなら一枚は持っていたいような有名産地の品なら買い手も多いので査定でも高値を期待できます。

当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、産地や生産者の証紙がないとブランドを保証できないことはどこの業者の買い取りでも求められます。

もう着る人のいない着物は、中古着物の専門業者に買い取りしてもらいましょう。

流行り廃りのない紬の着物などは、大柄の黄八丈のような着物でも、プロがしっかり見た上で値段をつけてくれます。

ただの古着屋さんよりは確実に高値がつきますよ。

紬は男性物でも良いですし、作家物や一般の友禅染の着物なども買取対象です。

検討する価値はありそうです。

このごろ、着物専門のリサイクル業者の広告がよく目につきます。

着る機会もなく眠らせたままでいると、防虫剤等をいれていても、劣化は避けられないので着物本来の値打ちが下がってしまいます。

状態が良く新しいものは、持ち主が思う以上に高額になることもあるので、早めに連絡して、買い取りしてもらったほうがいいでしょう。

着物を業者に宅配で送って、買い取りしてもらうとき気を付けた方がいいことは、反物を買ったときか、仕立てたときについてくる切れ端や保証書を保管しておいたか、確かめることです。

家電、パソコン、ゲーム機などの買取でも同じです。

生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それが高級品ほどあるのが当然となりものの価値は相当違ってきますから、着物の一部と考えて一緒に送るのが、かなり大きなポイントです。