着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

自宅をリフォームすることになり、昔のものをい

自宅をリフォームすることになり、昔のものをいろいろと片付けていますが反物が出てきたのでびっくりしました。

上手く保管されていたので状態も良く、素人目に傷みは見られず買ったときの状態を保っています。

着物の買取業者に尋ねてみたところ、反物も着物と同じ扱いで買い取ってもらえるそうです。

仕立てないで置いておくのももったいないので買い取ってもらえれば、こちらとしてはありがたいです。

着なくなった着物を買い取ってほしいけれど値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。

そう思うのもわかります。

ちょっと考えただけでも、着物の種類は振袖、留袖、訪問着などたくさんあります。

また素材や技法によって価値が決まるのでとても素人判断ができるものではありません。

有名作家の作品や有名ブランドの着物を売ろうと考えているなら、それは結構な値段で売れることも珍しくありません。

比較的新しいブランド品は昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので仕入れておけばすぐに売れるからです。

最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、できるだけ有利に買い取ってもらうために、注意してほしいのは多くの着物についてくる反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、品質を示すためにこうしたものがあるわけで、高級品であるほど、あるかないかによって査定には大きな影響が出ますので着物の一部と考えて宅配の箱に入れるのを忘れないでください。

先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、引き取り手のない着物がかなりありました。

買い取りしてもらうことに決まり、いろいろ調べてみると電話もしくはメール一本で自宅まで取りに来てくれるところも何軒かあると知りました。

量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、自分ひとりでお店まで運ぶことを考えると気が遠くなる、と途方に暮れていたのでそれも感謝しなければなりません。

もう着なくなった着物が何枚かうちにあるのですがかさばる着物をお店に運ぶのも大変だしこの着物を一番高く買い取ってくれるのはどこか自分で調べる余裕もなく全く動けないままでした。

近頃は着物買取業者も競争が激しいのか、宅配で買い取りするお店も結構あると聞いています。

業者間の差もあるようなので自分のニーズに合った業者をがんばって見つけたいです。