着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母の遺品整理もだいぶ進んできた

祖母の遺品整理もだいぶ進んできたのですが、その中には欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。

専門の業者に引き取ってもらおうと、何軒かあたってみたのですが連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、車で買取に来る業者も当たり前のようにあってびっくりしました。

着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、とうてい自分ではお店まで運べないと途方に暮れていたのでそれだけでもこちらは助かります。

この間、祖母が着ていた着物を専門の業者の査定を受け、買い取っていただきました。

おそらくほとんど着ることはない着物で、このまま日の目を見る機会がないのも着物の価値が目減りしていくだけだし着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

何軒かの業者で相談しましたが、個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。

中古着物(和服)買取って、このごろは宅配を利用するものが珍しくないようなので、自分も結婚前に仕立てたものなどを思い切って処分することにしました。

高級品や袖を通していないものもあるので、できるだけ信頼できる業者さんにお願いしたいですね。

中古品の売買には警察署への届出が必要なので、それを目安にして電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。

着なくなった着物を買い取ってほしいけれど自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。

という声をよく聞きます。

ちょっと考えただけでも、着物の種類は振袖、留袖、訪問着などたくさんあります。

また素材や技法によって価値が決まるのでとても素人判断ができるものではありません。

ただし、もし有名作家の作品だったり、有名ブランドの着物だったりするなら、高値での買取を期待していいでしょう。

あまり古くなっていないブランド着物ならサイズが大きいものが多く、着たい人が多いため需要があり、業者が手に入れたいのです。

質屋さんでは昔は和服を扱っていましたが、現在は取扱をやめた店も少なくないので、あらかじめ持ち込む前に問い合わせたほうが確実で良いと思います。

また、着物買取を専門にした業者もあり、より高い価格で買い取ってくれるので、元が高価な着物でしたら尚更、良い結果が出ると思います。

わざわざ遠くの専門店に行かなくてもウェブ検索で見つけられます。

手間をかけるだけの価値はあると思います。