着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼す

最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼すると、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。

けれどもウールや化繊の着物というと、新品でも安価で売られているため、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、値段がつかない(引き取れない)こともあります。

リサイクルショップのほうが買い取ってくれる率が高いと思います。

自分でも忘れているくらい、着物は結構持っているものでもう着ない着物を買い取ってもらい、整理を兼ねて換金したいという方も少なくありません。

着物の種類でいうと、どんな着物がよく売れるのかと誰でも疑問に思うでしょうが、一番高値で売れやすいのは訪問着です。

訪問着は色柄とも、さほど年齢で限定されず、未婚・既婚も問うことなく、いろいろな場面で着ることが可能なためです。

訪問着を買い取ってもらおうかとお考えの方、査定だけでも受けてみることをおすすめします。

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので売ることになり、買取専門の業者に相談しました。

今後、私たちが着物を着る機会は少なくこのまま日の目を見る機会がないのも祖母の本意ではないでしょうし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

何軒かの業者で相談しましたが、有名作家の作品というようなものはなかったので、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。

近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、和服買取をしてくれる業者というのが増えてきているようです。

インターネットで検索するとたくさんの業者が出てきますが、もっとも気をつけるべきなのは、本当は営業実態がなくて、依頼者から送られてきた着物だけを騙し取るような違法行為をしている場合もあるということで、評判の確認だけはしておくべきでしょう。

いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前に高く買い取ってもらうには何が必要かポイントを探ってみました。

素材や色柄、仕立てが上等であることが最低限要求されます。

それにプラスして、シミがないこと、傷がないことなどもかなり重要な問題のようです。

ブランド品や、最高級品といわれる着物であっても査定で傷を発見されると査定額は大幅に下がるようです。