着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

自分が持っている着物の中に、特

自分が持っている着物の中に、特に大事にしていた織り着物があって、大切な着物としてきちんと保管していましたが、圧倒的に洋服で過ごすことが多く着物を着なくてはならない用もなくいろいろ考えた末、処分しようと決心しました。

ネットで「着物 買取」と検索したら、着物の買取を行う業者が、いくつもヒットしました。

可燃ゴミになるより、リユースできれば人の役に立てると考えて売るのが一番いいと心を決めました。

長い間着ることなく、タンスにしまったままの着物は多くのご家庭にあるでしょう。

着物を着る機会が年に何度もあれば別ですが、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。

振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので虫干しをするにも他のものより気を遣います。

振袖など、着る機会が限定される着物は特に、業者に買い取ってもらうと負担が軽くなりますよ。

ものが同じなら、新しく保管状態のいいものは高値を期待できます。

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、帯締め帯揚げといった小物も併せて買取可能です。

とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。

これは下着と考えられるため一度でも着たものは買い手がつきません。

しかし、全く買い取らないわけでもなく、未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであれば他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。

遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。

最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、気を付けた方がいいことは、着物や反物の購入時についてくる反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。

家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、これらは品質の保証になるもので高級品ほどあるのが当然となり査定結果が明らかに違ってきます。

取っておいたものを全部、必ず一緒に送りましょう。

それも着物の価値の一部です。

質屋は高級品を扱うことが多いですが、着物については、扱わない店も増えていますから、あらかじめ持ち込む前に確認したほうが良いと思います。

もし高く買い取ってほしければ、中古着物専門業者に依頼したほうが、プロの目で査定してもらえ高値がつきやすいので、元が高価な着物でしたら尚更、良い結果が出ると思います。

といっても知っている店がないという場合は、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。