着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決

いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。

着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。

そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。

着物としてどれほど高級だとしても、汚れがついているものや、カビの跡が見られるものは絶対高値はつかないのが仕方ないと思ってください。

とはいっても、跡を残さず汚れを落とすことが可能なら、それなりの値がつくこともあり得ます。

言うまでもなく、判断を勝手に行ってはいけません。

とにかくプロに見てもらわないと、最終的な価値はわかりません。

着物の価値を評価してもらうためにぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。

反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、産地で、一定以上の品質の製品だと公に証明している独自の登録商標を指します。

この証紙を捨てる方やありかがわからないという方もいるそうですが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、なんとか探し出してください。

和服の買取業者に査定を依頼するときは、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。

というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。

中古の着物を扱っている店舗では、喪服に対する需要は少ないからです。

それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、数は少ないですが、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。

箪笥の中の古い着物の処分に困っている人は少なくないでしょう。

ただ、最近はネットで和服買取をする業者が増えてきて、ネットや電話一本で査定依頼できるようです。

大事に保管してきた着物でも、着る人がいてこそ活きてくるとは思いませんか。

業者の多くは無料で査定しますし、数が多くても宅配便を利用したり、訪問査定も依頼できます。

紬や訪問着など案外、高値になることもあります。

着なくなった着物を買取に出すと、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがありますから、素材不明でも査定に出してみましょう。

けれどもウールや化繊の着物というと、新品でも安価で売られているため、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、引き取れないと言われることもあるようです。

普通のリサイクル店などのほうが、古着として買い取ってくれることが多いでしょう。