着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、買い取るとき、絶対的な価値を持っているのは有名な産地で生産された品です。

代表的なのは大島紬、本場黄八丈ですが、着物好きなら一枚は持っていたいような有名ブランドの着物は中古でも人気があり、高く買い取ってもらえることが多いようです。

当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはいろいろな品の買い取りと同じく、当たり前のことです。

もう着ない着物があって、高値で買い取ってもらえたら片付けもでき、お金にもなってありがたいですよね。

状態が良く新品に近いものは、高値がつく可能性がぐっと高まります。

柄に人気があるか、上質の素材だったり、仕立てが良かったりすれば査定価格にびっくりすることもあるかもしれません。

反物で、仕立てていないものも買い取ってくれるところがほとんどです。

反物一本だけでも、無料査定や相談を利用してみてください。

不要になった和服。

もしリフォームするのでなければ、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。

愛好者の多い紬などは、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、どんな種類でも買い取ってくれるようです。

特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。

紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。

また、友禅やブランド着物なども広く取り扱っているそうです。

また、証紙のついた端切れは本体につけておくほうが高価になります。

最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、これから利用する人は気をつけましょう。

私が見聞きしたところでは、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあるようです。

詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。

警察に古物商の届出を出しているような業者なら、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。

古い和服を処分すると言ったら、友人が買取の概要を教えてくれました。

古いよりは新しくて使用感のない着物のほうが良い値段がつき、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、それなりの価格になってしまうこともあり、買取を拒否される場合もあるそうで、だいたい私が思っていた通りでした。

値段がつかないというものはさすがになさそうだし、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。