着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

近年、和服・帯の買取を行っているお店は増えました

近年、和服・帯の買取を行っているお店は増えましたが、買取大手の「スピード買取.jp」という店は、ネット店舗ながらも、ユーザー満足度が高い点が評価できると思います。

無料の電話相談は、年中無休で受け付けているので、思いついたときにすぐ問い合わせできるのがありがたいです。

(携帯・スマホ可)出張査定のほかに宅配便や持込もOKで、おまけに査定やキャンセル料金は無料。

評判が高いだけあって使いやすさは抜群です。

実際、着物買取業者の取り扱う商品は幅広く、着物だけではなく和装小物も売るように勧められると思います。

ですから、着物と小物をまとめて買い取ってもらえばトータルコーディネイトもできるので全部合わせて高めに査定してくれる業者の話もよく耳にします。

着物と一緒に買った小物類で、着物同様もう使わないのであれば痛まないように注意して、着物と一緒に無料宅配査定をありがたく利用させてもらうと不要品の処分と、買取が同時にできます。

着ないで場所ばかりとる着物類。

買い取りに出して片付けたいと思っても、点数自体が多いとか、わざわざ遠くの店舗まで行かなければいけないときは、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。

それなら、和服専門店の出張買取を利用すれば、あっというまに解決です。

電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。

業者が個々に定める分量に足りない場合は受け付けないこともあるので、先に電話で確かめておくと安心でしょう。

古い着物を買取業者に出すと、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがありますから、素材不明でも査定に出してみましょう。

しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、元値が低いため、専門店では安値になってしまうか、断られることもあります。

リサイクルショップのほうが買い取りする可能性もあるでしょう。

まずは問い合わせしてみてください。

着る人のいない和服を処分するとき、引取り額がわからないと不安になりますね。

だいたいでいいから相場を知りたいという人は多いです。

ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、単純にはいきません。

姉妹で同じ着物を売ったとしても、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。

着物の価値のわかる査定員のいる業者に値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。