着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

文字通り、タンスの肥やしになってい

文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家にもあって、買い取りしてくれるお店まで持って行くのも面倒で、この着物を一番高く買い取ってくれるのはどこか周りに着物を売った人もいなかったので全く動けないままでした。

近頃は着物買取業者も競争が激しいのか、宅配で買い取りするお店も結構あると聞いています。

ネットなどで口コミや評価を調べ、うちの着物を高く買い取ってくれるところを家族で検討しています。

着物が未使用でさえあれば、それだけで価値があるというわけではありません。

一度も着用されないものであっても生地も糸も生き物なので、月日がたつと劣化しもろくなるなど、状態の悪化はどうしても起こります。

着用の有無が全てを決めるわけではなく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。

仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしているという着物をお持ちの方、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。

これから、着物の買取をお願いしようというときお店に持ち込むのと、出張査定を頼むのとでは売る方にとってどちらが有利か、と聞かれれば、お店に行けるなら、ぜひ持って行ってください。

思ったよりも安い査定額だった場合、他のお店の査定に持って行きやすいからです。

とはいえ、持ち込みは難しい事情があるなら査定料、出張料どちらも無料で査定後に買取を断ることも可能と明記していることを確かめてください。

買取のとき、着物と一緒に持って行き、証紙を一緒に見せられるようにしてください。

証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで産地基準を満たした製品であるとはっきり証明するための登録商標だと考えてください。

この証紙を捨てる方やきちんと保管していない方もいますが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、査定のときには揃えておいてください。

着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、唯一の売却経験者である姉が、心配して色々教えてくれました。

新しくて着ずれ感がない着物などが良い値段がつき、色あせや虫食いなどがあると、元が良い着物でも査定額は落ち、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるとのこと。

まあ、仕方ないですね。

値段がつかないというものはさすがになさそうだし、とりあえず買取査定に出してみようと思います。