着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかい

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、家にはどっさりあります。

色の薄いものにはシミが浮いたり、いまいちな品もありましたが、そんな着物でも値段はつきました。

訊ねてみたら、最近の中古品は、正体のわかっているシミ程度なら業者が染み抜きの手配をするため、買い取ることが多いらしいです。

といっても、シミがあれば買取額には響きます。

着物の価値を決める要因は、素材、色柄、仕立て、振袖や訪問着などの種類と、実に多様です。

その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは高級品に格付けされる産地の品です。

たとえば大島紬、本場黄八丈のような着物好きなら一枚は持っていたいような有名ブランドなら欲しい方が多いので査定でも高値を期待できます。

着物の状態が査定額を左右することはもちろん、証紙は産地、生産者証明のために必要だということはくれぐれも忘れないでください。

この間、祖母が着ていた着物を専門の業者の査定を受け、買い取っていただきました。

祖母の形見ですが、着る人もなく私がこのまま保管しておくのも着物にとっていいことではないだろうし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

価値をきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。

個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。

仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても無条件で付加価値がつくとは限りません。

一度も着用されないものであっても生地も糸も生き物なので、月日がたつと劣化し状態は確実に悪くなっていきます。

使用済か未使用かではなく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。

運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、という着物に心当たりがあれば、査定は無料のところが多いです。

早く業者に持って行きましょう。

先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、引き取り手のない着物がかなりありました。

専門の業者に売るのが一番いいだろうと、調べてみると連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、無料で梱包する業者も何軒かあると知りました。

量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、これをお店にどうやって運んだらいいのか、と頭を抱えていたのでとても嬉しいサービスでした。