着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

先日のことですが、祖母の遺品である着物を手放すことにな

先日のことですが、祖母の遺品である着物を手放すことになり、買取専門の業者に見てもらいました。

今後、私たちが着物を着る機会は少なくこのまま日の目を見る機会がないのも着物にとっていいことではないだろうし、次に着てくれる人に譲りたいと思うからです。

いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、提示されたのは全部まとめての値段でした。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、気を付けた方がいいことは、ある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる反物の切れ端や保証書が残っているかどうかを忘れず確認してください。

リサイクルショップに家電を売るときと同じく、品質を示すためにこうしたものがあるわけで、言うまでもなく、その有無によって買取価格はかなり違うと考えてください。

着物の一部と考えて宅配の箱に入れるのを忘れないでください。

着物買取の値段を決める要因は、というと着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。

そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。

いわゆる高級ブランドの着物でも汚れがついているものや、カビの跡が見られるものは絶対高値はつかないのがどの業者でも同じです。

ただし、簡単にその汚れを落とせる場合、買取の交渉もできるかもしれません。

くれぐれも素人判断は禁物です。

まず無料査定にかけてみるのが一番です。

要らなくなった着物を処分するとき、気になるのはやはり価格ですよね。

ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。

とはいえ着物類は、素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、例を挙げるのが困難な商品です。

姉妹で同じ着物を売ったとしても、サイズが小さいほうより大きいほうが高値がつくことがあります。

街の古着屋ではわかりません。

価値のわかる専門業者に査定を依頼するほうが高値になるのは確実です。

着物の買取が上手くいって、思いの外いい値段で売れるかもしれません。

着物を売ったら課税されるのか、確定申告は必要なのか気になるでしょう。

普通、着物は生活必需品とみなされ、買取金額には課税されないはずですが、高級品で、美術工芸品とみなされる場合は課税対象になり得るので税法上も案外複雑です。

不安を解消してすっきりしたいなら、きちんと申告して、払うべきものを払うために、どこの税務署でも常時相談を受け付けていますので、問い合わせをすすめます。