着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

振袖は正装であり、着るのは重要な節目の時だと思いま

振袖は正装であり、着るのは重要な節目の時だと思いますが、時期と場面限定の着物であり、それ以外着ることはありません。

ですから、管理が負担になるくらいなら、買い取ってもらってお金に換えるのも自分にも、次に着る人にも良いことでしょう。

ではいくらで売れるかというと、安ければ数千円のこともありますが、いいもので、保管も良ければ数万円以上もありえます。

どんな着物でも、仕立てたときや着たときの思い出がたくさんあるでしょう。

まず、見積だけでも出してもらって、できれば複数の業者の目を通し、ここならというところで売るようにしましょう。

着物の買取が上手くいって、総額で結構な値がつくこともありえます。

これは確定申告が必要?と思うかもしれません。

着物は衣類なので、生活必需品に分類されその譲渡には課税されないのが普通ですが、美術工芸品とみなされる場合は課税されることもあり、簡単に割り切れない問題です。

不安を解消してすっきりしたいなら、きちんと申告して、払うべきものを払うために、税務署には通年の相談窓口がありますから、ぜひ問い合わせてみましょう。

タンスに眠っているだけの着物を、買い取ってもらって手放したい。

だけど売れなかったらどうなるのかな。

そう思うのもわかります。

ちょっと考えただけでも、着物の種類は振袖、留袖、訪問着などたくさんあります。

また素材や技法によって価値が決まるので買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。

ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば結構な値段で売れることも珍しくありません。

現代の有名作家の作品なら、昔の品より裄丈にゆとりがあるため中古市場で高値をつけられるからです。

実際に着物を買い取りに出すときは必ず査定をしますが、そこで着物や反物の証紙を添えて出してください。

ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから決められた基準を満たすことについて証明するために発行している登録商標のことなのです。

買ったときに証紙を捨てる方だの探しても見当たらないという方もいるようですが、家電やパソコンと同じように、品質を証明する書類のあるなしで買取価格が大きく違いますので査定のときには揃えておいてください。

自分で仕立てた着物だけでなく、譲られたものなど結構あって着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方も少なくありません。

着物の種類はたくさんありますが、需要が多いのは何なのか疑問に感じる方が多いでしょうがずばり、訪問着が一番高く売れます。

訪問着は流行に左右されにくく、長い年月にわたって着ることができ、未婚、既婚を問わず、幅広い場面で着られるからです。

訪問着でいいものだけど、もう着ないという着物がある方、どのくらいで売れそうか、査定を受けてみるといいですよ。