着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

子供が生まれたとき、お宮参りに着てい

子供が生まれたとき、お宮参りに着ていく着物を買うことになりました。

私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、周囲に、こういうときに着る着物は必要だと圧力をかけられました。

でも、とにかく手入れが大変です。

どうせ買うならと、材質も良く、柄も美しい着物を購入したので次に着るときまできちんと保管しなければならないのは当然です。

桐箪笥で保管したいとは思うのですが、わが家にそんなものを置くスペースはありません。

七五三で着た後はごめんなさいをして、後は思い切って買い取ってもらおうかと真剣に考えています。

着物買取の査定では、主な判断材料として着物としての素材や仕立ての良さだけでなく、新品に近いかどうかがシビアに問われます。

着物としてどれほど高級だとしても、保管が悪く、汚れがあったりカビが生えたりしていれば絶対高値はつかないのがごく当たり前です。

それでも、何とかきれいに落とせるならそれなりの値がつくこともあり得ます。

言うまでもなく、判断を勝手に行ってはいけません。

無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。

着なくなった着物でも、処分する際に値段が心配になりますよね。

ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。

ただ、和服は特殊な存在で、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。

また、仮に同等の着物があったとすると、小さすぎたり細すぎるものは査定額が低くなり、逆は高値がつくこともあります。

街の古着屋ではわかりません。

価値のわかる専門業者に見てもらうのが高値売却のコツだと思います。

着物買取の前に査定をするわけですが、そのとき証紙を一緒に見せられるようにしてください。

証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが産地基準を満たした製品であるとはっきり証明するための独自の登録商標を指します。

この証紙を捨てる方や言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、なんとか探し出してください。

全く袖を通したことがない着物でも、無条件で付加価値がつくとは限りません。

着ることによる傷みはなくても保管している間に経年劣化して、時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。

未使用かどうかは必ずしも関係なく、持ち込んだときの状態が一番重要なのです。

未使用で着るあてもなく、保管状態も悪くないなどの着物があれば幸い、無料査定を受けられる業者を探してください。