着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母の遺品を少しずつ整理しています。その中で

祖母の遺品を少しずつ整理しています。

その中で欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。

着物の買取専門業者があると聞き、調べてみたところ電話でのやりとりだけで無料で買取用の車を出すところも何軒もあってびっくりしました。

着物はどれも重いし、かさばるので一人でお店に持ち込むのは絶対無理、とみんなで話していたので、それも感謝しなければなりません。

次の人にも大事に着てもらいたい着物を正しく評価してもらいたいと思うなら複数の業者から査定を受け買取価格の比較を行いましょう。

ですから、はじめから査定後に買取キャンセルできる業者を利用した方がいいでしょう。

何軒か調べて査定額を比較し、一番高値をつけ、なおかつ信頼できる業者に依頼できるよう、査定時に言われた様々な条件もそこを十分確認してから決めましょう。

家を建て替えることが決まったので昔からしまいこんでいたものを整理していますが、反物がいくつか見つかりました。

上手く保管されていたので状態も良く、目立った傷みもなくたぶん上物だと思います。

着物買取業者の案内を調べてみると多くは反物も買い取っていることがわかりました。

仕立てないで置いておくのももったいないのでそのうち買い取ってもらおうと前向きに考えています。

私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、友達が売却の流れについてネットで調べてくれました。

古いよりは新しくて使用感のない着物のほうが高額査定がつきやすく、逆に退色やシミがあったりすると、査定額もぐっと落ち、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるみたいです。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、とりあえず買取査定に出してみようと思います。

質屋さんでは昔は和服を扱っていましたが、現在は行わないところも少なくないですから、いきなり店舗に持参せず、先に電話などで確認したほうが良いですね。

また、着物買取を専門にした業者もあり、価値を判断した上で買い取ってもらえるので、良い着物を持っている方ほど専門店がおすすめです。

近くにそういった店がない場合も、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。