着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

リユースで古着に抵抗感がなくなって

リユースで古着に抵抗感がなくなってきたせいもあり、着物の買取を行う業者が増えてきているようです。

ネットさえあれば買取業者はたくさん見つけられますが、もっとも気をつけるべきなのは、買取実績がある業者のふりをして、不当な安値で叩いたり、着物だけを騙し取るといった不法な商売を行ってトラブルになっている業者もないわけではありません。

最近、和服の買取専門業者のWEB広告を目にする機会が増えました。

もったいないからと手放さないでいると、防虫剤等をいれていても、染料そのものの劣化もあって着物そのものの価値が落ちます。

新しくて状態が良い着物は専門店ならではの高額査定がつくこともあるので、早めに連絡して、買い取ってもらうと良いでしょう。

最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼すると、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがありますから、素材不明でも査定に出してみましょう。

しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、本来の価格が低いですから、着物買取業者でも値付けが低かったり、値段がつかない(引き取れない)こともあります。

リサイクルショップのほうが引き取ってくれる可能性が高いでしょう。

着ないままタンスにしまってある着物は案外多く、着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方も思いの外、多く見かけます。

それでは、売れやすい着物は何なのかと手持ちの着物を見ながら考えてしまう方もいるでしょうが、どこの地域でも変わらず、訪問着がもっとも高値をつけられます。

訪問着であれば同じ着物を長年にわたって着られるし、未婚・既婚も問うことなく、いろいろな場面で着ることが可能なためです。

訪問着で、手放してもいいものがある方は、どのくらいで売れそうか、査定を受けてみるといいですよ。

着物の買取で、タンスの肥やしを処分できればと思うけれども、売れなかったらどうなるのかな。

そう思うのは当然です。

着物は着る人の年齢や着る場面によって、多くの種類に分かれています。

そして素材や技法によっても買取価格は大きく変わるのでとても素人判断ができるものではありません。

それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。

現代の有名作家の作品なら、昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので仕入れておけばすぐに売れるからです。