着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、私の実家には多く保管されています。

中には保存状態があまり良くないものも混じっていましたが、そんな着物でも値段はつきました。

訊ねてみたら、最近の中古品は、ある程度のシミであれば、会社お抱えの染み抜き専門家が対応するそうで、買い取ることが多いらしいです。

もちろん、そんなに高い買取価格は見込めないですけどね。

不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞き、ネットで案内している業者をいくつかあたってみましたが、本や洋服を売るときと同じ流れのようで、その場で梱包してくれる業者、専用の箱も無料、宅配で送るのも無料で、査定も無料という業者も選べるくらいありました。

私にとって一番良い方法は何かと思いましたが着物の枚数は少ないので近くのお店に車で持って行き、査定してもらい、お金の受け取りまで一度で終わらせたいと思っています。

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので売ることになり、買取専門の業者に相談しました。

おそらくほとんど着ることはない着物で、誰も着ないのにとっておくのも着物が生かされないと思うし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

念には念を入れて、何軒かのお店に持って行きました。

個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。

最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

着物の買取を考えているので、まずは査定額は何で決まるのかいくつかの業者のサイトを見て、共通点を調べました。

素材や色柄、仕立てが上等であることが必須条件でしょうが、その他に、シミがなかったり、傷がなかったりという使用状況も買取価格に響くようです。

もとがどんなに高価だったとしても傷があることがわかると大幅な査定額減は避けられないようです。

実際に着物を買い取りに出すときは必ず査定をしますが、そこで証紙を一緒に見せられるようにしてください。

この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで産地の基準に適合していることを証明するために発行している登録商標のしるしです。

もう必要ないと思うのか、捨ててしまう方やありかがわからないという方もいるそうですが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので査定のときには揃えておいてください。