着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したり

近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、着物の買取を行う業者が増えてきているようです。

ウェブ検索すると数多くの業者が見つかりますが、利用する上で注意しなければいけないのは、普通の買取業者を装って、着物を騙し取ったり、貴金属との抱合せで押し買いするなどの詐欺まがいの営業を行ってトラブルになっている業者もあるということです。

クチコミ等で信頼できるところを選びたいですね。

着る人がいない着物を処分する際は、絹物全般は割合良い値段になる場合があり、モノがわからないときは査定で見てもらいましょう。

しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、新しくても元の価格が安いですから、着物買取業者でも値付けが低かったり、引き取れないと言われることもあるようです。

どちらかというと専門店より古着屋さんのほうが、古着として買い取ってくれることが多いと思います。

こればかりは仕方ありませんね。

祖母の遺品を少しずつ整理しています。

その中で欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。

買い取りしてもらうことに決まり、いろいろ調べてみると梱包しなくても、電話すれば自宅まで取りに来てくれるところも当たり前のようにあってびっくりしました。

量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、自分ひとりでお店まで運ぶことを考えると気が遠くなる、と泣きそうになっていたので、それも感謝しなければなりません。

着物を売る前に、いくらで買い取るか査定を受けますが、店舗への持ち込み、出張査定、どちらも無料で利用できるならどちらを選んだ方がいいかといえば、できればお店へ持って行きましょう。

自分が満足できる査定額でなかった場合に、他のお店の査定に持って行きやすいからです。

お店が遠いなど、持ち込みができない場合、出張査定は無料サービスで査定の結果次第で、依頼のキャンセルも可能とはっきり示しているか、確認してから依頼しましょう。

初めてのお宮参りで、着物を新調しました。

はじめはレンタルを考えていましたが、周りから、これから着る機会が何度もあるからといわれたのです。

でも、とにかく手入れが大変です。

周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたので保管も手がかかるのはよくわかっています。

桐箪笥で保管しなければならないのはわかっていますが、わが家にそんなものを置くスペースはありません。

七五三で着る予定はありますが、新しいうちに買い取ってもらう方がいいんじゃないかと思っています。