着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着ることがなくなった着物は思い

着ることがなくなった着物は思い切って、和服専門の買取業者に買い取りを依頼してみませんか。

愛好者の多い紬などは、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、プロがしっかり見た上で値段をつけてくれます。

ただの古着屋さんよりは確実に高値がつきますよ。

紬のほかには、作家物や一般の友禅染の着物なども幅広く扱う業者が多いです。

何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

全く袖を通したことがない着物でも、それだけで価値があるというわけではありません。

着ることによる傷みはなくても保管している間に経年劣化して、糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。

何回着たかは絶対的な価値ではありません。

査定時の状態が良ければ高値がつきます。

未使用で着るあてもなく、保管状態も悪くないという着物に心当たりがあれば、査定は無料のところが多いです。

早く業者に持って行きましょう。

着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、友人が買取の概要を教えてくれました。

古いよりは新しくて使用感のない着物のほうが高値になり、逆に退色やシミがあったりすると、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、価格がつかない(引き取らない)こともあるとのこと。

まあ、仕方ないですね。

値段がつかないというものはさすがになさそうだし、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。

タンスの中で休眠状態の着物がある方、多いと思います。

着物は着るべき時に着るもので、タンスにしまっているだけでは、手入れが負担になるばかりです。

振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので管理も他の着物に比べ負担感が増します。

将来にわたって、着ないと思われる着物は業者に買い取ってもらうと負担が軽くなりますよ。

生地が上質で、仕立ても良いものであれば、傷みなく着ており、きちんと手入れされていれば買取価格は高くなります。

着る人がいない着物を処分する際は、絹物全般は割合良い値段になる場合がありますから、素材不明でも査定に出してみましょう。

しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、もともとの価格が低いせいもあって、仮に買い取るとしても安かったり、引き取れないと言われることもあるようです。

リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、古着として買い取ってくれることが多いと思います。

こればかりは仕方ありませんね。