着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

古い着物を買取業者に出すと、昔の正絹

古い着物を買取業者に出すと、昔の正絹の着物などは思ったより良い値になるケースがあり、箪笥の肥やしどころか業界ではお宝と言われています。

ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、元値が低いため、専門店では安値になってしまうか、断られることもあります。

リサイクルチェーン店や街の古着屋なら、買取価格がつくことも多いでしょう。

まずは問い合わせしてみてください。

大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は別と考えたほうが良いでしょう。

一度に大量に査定してもらうのならその一部として値がつくこともありますが、喪服は買い取らないのが普通です。

和服の中古市場では、特別な場に着用する喪服のニーズはほとんどないか、あってもサイズの問題で難しいからです。

それでも品物が良いから買い取ってほしいと思ったら、あまり多くはありませんが、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、そうした会社に問い合わせたほうが効率が良いと思います。

着物の買取の話を聞いて興味を持ち、ネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、着物を売るのも、洋服の古着並みになっていて、着物が傷まないよう、自宅まで取りに来る業者や箱を送ってくれ、それに詰めて返送すれば査定してくれる業者も何軒かみつけました。

その中から自分に合った買取方法を探しました。

持ち込むのも負担ではない枚数なので近くの専門店への持ち込みができそうなので査定してもらい、お金の受け取りまで一度で終わらせたいと思っています。

着物買取の前には必ず査定がありますが、持ち込みも出張査定も行っているとして、どちらを選んだ方がいいかといえば、できればお店へ持って行きましょう。

査定の結果に満足できなかったときに他のお店の査定に持って行きやすいからです。

いろいろな事情で出張査定しかない場合、どこでも無料で出張査定してくれ、査定後の買取中止も無料でできると明記していることを確かめてください。

文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家にもあって、かさばるし、案外重いのでお店に運ぶのも億劫でどのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのか周りに着物を売った人もいなかったので結局処分に踏み切れませんでした。

近頃は着物買取業者も競争が激しいのか、宅配で買い取りするお店も手軽に利用できるようです。

サービスの内容や買取価格を調べ、自分のニーズに合った業者を何とか見つけたいと思っています。