着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着る人のいない和服を処分するとき、買取額

着る人のいない和服を処分するとき、買取額ってどうしても気になりますよね。

ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。

ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは状態、古さ、素材や種類といった要素で価格が変わるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。

もしまったく同じものがあったとしたら、サイズが小さいほうより大きいほうが高値がつくことがあります。

価値をきちんと鑑定するのが専門店ですから、そういうところに査定してもらうのが一番です。

母が着物好きだったので、見たことのない着物が新旧取り混ぜて、私の実家には多く保管されています。

色の薄いものにはシミが浮いたり、いまいちな品もありましたが、きちんと値付けしてもらえたのには驚きました。

訊ねてみたら、最近の中古品は、シミが少しあるぐらいなら業者に染み抜きの専門家がいるので、問題視しないで買い取るそうです。

もちろん、お値段は「相応」のものになります。

初めてのお宮参りのために、訪問着を購入しました。

小物類はともかく、着物本体はレンタルにしたかったのですが義母は、着物を新調するのが当然と圧力をかけてきました。

ただ、手入れと保管の負担を何とかしたいと思っています。

周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたので美しさを保つために、季節ごとの手入れは欠かせませんよね。

桐箪笥で保管したいとは思うのですが、着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。

七五三で着た後はごめんなさいをして、高く売れるうちに手放したいと思っています。

一般的に高価な和服。

買取業者で処分する際も、誠実な買取業者を選ばなければ、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。

私がよく聞く買取に関するトラブルは、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに査定依頼した着物が返ってこない系(遅延や不足)も少なくないです。

あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、ここはと思うところに依頼しましょう。

それから、発送する前に写真に撮っておくのも良いかもしれません。

発送伝票も大切に保存しておいてください。

着物の買取を考えているとき、持ち込みも出張査定も行っているとして、少しでもお得なのはどちらか考えると、車の買取と同じで、お店で査定してもらった方が良いです。

思ったよりも安い査定額だった場合、その場で買取を決めず、他のところに持ち込むこともできるからです。

とはいえ、持ち込みは難しい事情があるなら出張査定の料金がかからず査定額によっては、買取を断ることもできるときちんと明記しているか、調べてください。