着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなった着物の処分は難しく、困っている方

着なくなった着物の処分は難しく、困っている方も多いでしょうし、今後増えるでしょう。

着る機会はないし、捨てるのもどうかと思いますし、買い取りのルートがわかれば、ぜひ売りたいですよね。

その中で、着物の買い取りを考えているなら、専門店の一つ友禅市場をご存知でしょうか。

全国から買取をしています。

どこから送っても送料は取られず、査定料もかかりません。

価値を調べてもらい、その後で売るかどうかを決められます。

着物の買取専門店を利用したことがない方も、まずはぜひ一度検討してみてください。

誰もがネットに接続できるようになった最近では、稀少な情報や今までわからなかったようなことでも、いとも簡単に入手できるようになりました。

ただ、どんなことにも言えますが、それなりの値段のする着物買取などは、買取業者の評判についてよく調べ、ふるいに掛けてから、複数の業者さんに査定をお願いしましょう。

1社だけでは査定額が妥当か分かりませんし、手間を惜しまないほうが、あとあと納得できると思います。

要らなくなったり着れなくなった着物を処分するなら、和服専門の買取業者に買い取りを依頼してみませんか。

たとえば紬などは流行に左右されず、結城や牛首のような品でなくても、産地・種類を問わず買取してくれます。

特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。

紬のほかには、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども幅広く扱う業者が多いです。

自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。

仕立てたまま一度も着たことがない着物であっても無条件で付加価値がつくとは限りません。

一度も着用されないものであっても少しずつ劣化していくこともあるので糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。

着用の有無が全てを決めるわけではなく、査定したときの状態が悪ければ価値はありません。

未使用で着るあてもなく、保管状態も悪くないなどの着物があれば幸い、一日でも早く買取業者に見せましょう。

高かった和服を業者に引き取ってもらう際は、それなりに信頼できる業者さんにお願いしないと、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。

よくある和服買取業者への苦情といえば、安値買取のゴリ押しでしょう。

それと、宅配査定で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。

あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、ここはと思うところに依頼しましょう。

それと、封入前に着物の写真を撮っておくと、良いかもしれません。

発送伝票も大切に保存しておいてください。