着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

成人式の振袖と言えば、誰でもその前後の

成人式の振袖と言えば、誰でもその前後の思い出だの、思い入れだのあるようで、いつまでもとっておきたい人も案外いるようですが、手入れも大変なので、保管に困るくらいだったら手放してお金に換えることにすればいろいろな問題が片付くでしょう。

保管状態によりますが、生地や色柄が良ければそれなりの評価が期待できます。

思い出よりも、これからの生活に役立つお金が手に入るでしょう。

伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますがその手入れには特有の手間がかかるものです。

まず季節ごとに虫干し、和紙を挟んでから形通りに畳み、保管は桐箪笥に入れてと、手間をかけないと傷んでしまいます。

ご自宅の着物の中に、もう着ないものや裄丈が合わないものがあるのなら、割り切って買取業者に引き取ってもらってはいかがでしょうか。

タンスの肥やしに日が当たることになりますし、お手入れの負担も少し軽くなります。

着なくなった着物でも、処分する際に一番気になるのは買取価格でしょう。

ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。

しかし中古品といっても和服の場合は、素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、例を挙げるのが困難な商品です。

たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、小さすぎたり細すぎるものは査定額が低くなり、逆は高値がつくこともあります。

街の古着屋ではわかりません。

価値のわかる専門業者に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。

着物買取の前には必ず査定がありますが、着物を持って行った方がいいのか、自宅などでみてもらった方がいいのか売る方にとってどちらが有利か、と聞かれれば、どんな買取でもそうですが、持ち込みの方が有利です。

査定の結果に満足できなかったときに出張よりは断りやすいと考えられます。

とはいえ、持ち込みは難しい事情があるなら出張査定の料金がかからず査定後に買取を断ることも可能とはっきり書いている業者を選びましょう。

中古着物(和服)買取って、宅配便を利用するのが最近では増えてきているらしいので、形見にもらって着ない(小さい)着物をこの際、処分しようかと考えています。

モノは悪くないので、買い叩かれないように、信頼のおける専門店にお願いしたいと思っています。

中古品の買取は古物商免許が必須ですから、それを目安にして依頼するつもりです。