着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

いまどきはネットが大変発達して

いまどきはネットが大変発達しているため、稀少な情報や今までわからなかったようなことでも、たやすく知ることができ、便利になりました。

しかし、何にでも言えることかもしれませんが、品物と金銭のやり取りがある和服買取の場合は、相手の公式サイトを見るだけではなく、できる限りクチコミを探し、信頼できそうな業者に絞ってから、複数の業者さんに査定をお願いしましょう。

1社だけでは査定額が妥当か分かりませんし、手間を惜しまないほうが、あとあと納得できると思います。

もう着ない着物を買い取ってもらうことを考え、家の近くから通販専門のところまで、何軒かネットで調べました。

本や洋服を売るときと同じ流れのようで、自宅など指定した場所まで取りに来る業者や指定の箱に入れて宅配で送り、無料で査定してくれる業者も結構あるのですね。

私の場合はどうしようと思いましたが買取に出す枚数を考えると近くのお店の予約を取ってから、直接持って行き、お金の受け取りまでできればいいかなと思いました。

いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前にどんな着物に高値がつくのか調べてみると、共通点がありました。

ものが良くて、買ったときに高かったというのは高値がつく最低条件ですが、加えて、保管状態や使用状況、つまりシミや傷がないかなどもかなり重要な問題のようです。

元々の品質は良かったものでもプロが傷を見つけてしまうと査定額をかなり減らされてしまうようです。

要らなくなった和服を整理する際、昔の正絹の着物などは思ったより良い値になるケースがあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。

ただし化学繊維やその混紡着物、ウールなどは、元値が低いため、中古買取でも良い値がつかず、引き取れないと言われることもあるようです。

古着屋さんやリサイクル店なら、買い取りする可能性もあるですね。

サイズが合わない着物の買取先を探していたら、友達が売却の流れについてネットで調べてくれました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが高く売れるのは当然みたいですが、色あせや生地の傷みがあるときは、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるみたいです。

私のは比較的新しいし殆ど着ていないので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。