着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

古い着物を買取業者に出すと、絹物の友禅や紬

古い着物を買取業者に出すと、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。

ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、もともとの価格が低いせいもあって、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、値段がつかない(引き取れない)こともあります。

リサイクルショップのほうが買取価格がつくことも多いですね。

普通、着物を売る機会って殆どないですよね。

もし処分するなら、価値相応の価格で買い取ってもらうためにネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。

評判もサービスも良い業者さんにあたりをつけたら、2社、もしくは、3社に見積もらせ、その査定結果を比べてみるのをおすすめします。

仮に査定額が同じなら、査定内容や対応がしっかりした業者を選べば、気持ち良く取引でき、価格面でもお得になります。

それほど重さが苦にならないのであれば、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。

自宅に上げる必要がないので、査定額に納得がいかない場合は、買い取りを断ることも簡単です。

なにより対面式ですから、査定額の詳細を聞けば交渉もできるでしょう。

また、かなりの量で全部を持ち込めないときは、いくつかを自分でピックアップしたうえで持込査定を依頼し、納得できた業者さんだけに家に来てもらえば良いのです。

母が着物好きだったので、見たことのない着物が新旧取り混ぜて、我が家にはたくさん残っていました。

出してみると保管状態が悪いものもありましたが、それなりの値段がついたので良かったです。

聞いた話では、今時の中古着物は、シミが少しあるぐらいなら業者に染み抜きの専門家がいるので、買い取ることが多いらしいです。

そうはいっても、買取価格はそれなりになってしまいます。

要らなくなって場所をとるばかりの和服の処分に悩んでしまい、それきりになっている方は少なくないと思います。

このところリサイクルブームで和服専門の買取業者が多くなって、処分も簡単になったようですよ。

しまい込んでいた高価な着物でも、着る人がいてこそ活きてくるとは思いませんか。

ほとんどの業者さんは無料で査定しますし、依頼してみる価値はあると思います。

それに、丁寧に保管していたものは意外と高額で引き取ってもらえるようです。