着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

和服の買取というと、最近では宅配便で対応

和服の買取というと、最近では宅配便で対応してくれる業者が多いようなので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、引き取ってもらおうと思っています。

高級品や袖を通していないものもあるので、きちんとした業者さんにお願いしようと思います。

古物商の認可が必要らしいので、それを掲げている業者さんに査定依頼する予定です。

要らなくなった着物を処分するとき、買取額ってどうしても気になりますよね。

貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。

とはいえ着物類は、紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、例を挙げるのが困難な商品です。

たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。

着物の価値のわかる査定員のいる業者に査定を依頼するほうが高値になるのは確実です。

成人式の振袖と言えば、誰でもそれにまつわる思い出や、思い入れも当然あって、処分する気は全くない人が案外いるようですが、振袖を着る時期を過ぎても、保管しておく手間を考えたら、着物の買い取りに回すとすっきりするのではないでしょうか。

上質の生地で、色や柄も品のいいものならそれなりの評価が期待できます。

今の生活を少しリッチにするお金が入ってきますよ。

私の友達が、亡くなったおばあさんから譲り受けた着物があるけど、自分が着るより他の人に着てもらいたいので、買取業者に引き取ってもらおうといろいろな人に聞いていました。

ものはいいそうですが、すれたりほつれたりもあるようで買い取りできないこともあるのかなという悩みもあるようです。

そうですよね。

次に売れるものを買い取るわけだし、明らかなすれや傷みのある品は売れないと思います。

そういう話を何人にもされたようで、友達も売るのは止めることにしたようです。

もう着ないかなとか、いつか着るかもと思いながら手元に置いている着物は誰にでもあり、もう着ない着物を買い取ってもらい、整理を兼ねて換金したいという方もあちこちで見受けられます。

着物の種類でいうと、どんな着物がよく売れるのかと気になるところですが、どこの地域でも変わらず、訪問着がもっとも高値をつけられます。

訪問着であれば同じ着物を長年にわたって着られるし、未婚・既婚も問うことなく、いろいろな場面で着ることが可能なためです。

訪問着を買い取ってもらおうかとお考えの方、無料で査定してくれる業者に、お願いしてみてはいかがですか。