着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着ないで場所ばかりとる着物類。

着ないで場所ばかりとる着物類。

買い取りに出して片付けたいと思っても、量が多かったり、お店が遠いときには、持ち込むだけで疲れてしまいますね。

それなら、自宅への出張買取を頼むと良いでしょう。

電話するだけという手軽さが魅力ですが、その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと利用できないこともあるので、事前に電話で相談しましょう。

着物の買取に取りかかる前に高額査定の決め手になるのは何かあちこち調べると、何となくわかってきました。

そもそも高級な品であることは絶対に必要なことですが、加えて、保管状態や使用状況、つまりシミや傷がないかなども査定のときにはシビアに見られるようです。

素材も色柄も、仕立ても良い品だとしても見てわかるくらいの傷があればそもそもの価値を相当下回ってしまうそうです。

数ある着物買取業者の中でも、スピード買い取り.jpは、ネットでの口コミでは、査定員の多さと迅速丁寧な対応が喜ばれています。

相談はフリーダイヤルで料金がかかりませんし、24時間365日対応しているため、暇を見ていつでも問い合わせできる点が嬉しいですね。

相談は、スマホを含む携帯電話からの通話にも対応しています。

「スピード買取.jp」の名前の由来である超速の出張査定や、郵送・持込査定は原則無料で、顧客満足度が高いというのもナルホドと思いました。

着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが高額査定がつきやすく、汚れや傷みがあると、それなりの価格になってしまうこともあり、買い取ってくれなかったりすることもあるみたいです。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。

着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、依頼する側でも注意が必要かもしれません。

ほんの一例ですが、出張査定(買取)を頼んだら、その日のうちに急に家に訪れて、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例がありました。

悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。

警察に古物商の届出を出しているような業者なら、そういった心配は不要でしょう。