着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

価値ある着物といえば、有名作家が色柄や

価値ある着物といえば、有名作家が色柄や織りに携わったものですが、その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは産地がその名につくブランド品です。

大島紬、あるいは本場黄八丈といった着物好きの方なら、その特長をよく知っている有名ブランドの着物は中古でも人気があり、高く買い取ってもらえることが多いようです。

着物の状態がいいことは前提条件で、証紙のあるなしが査定に大きく響くことは着物買取の常識です。

着物(和服)の買取業者に関する苦情が最近増えているため、査定依頼するときは注意しましょう。

私が見聞きしたところでは、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、その日のうちに急に家に訪れて、安値を提示し、うんというまで帰らないといった「押し買い」もあるのです。

投げ込みチラシを鵜呑みにするのは危険ですね。

きちんとした古物取扱商であれば、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。

着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらず帯に合った帯締め帯揚げなど小物も買い取りもできるので、聞いてみましょう。

それでも、襦袢の買取は難しいと思ってください。

襦袢を下着だとみるところが多く着用されたものは誰も買わないためです。

例外もいくつかあります。

たとえば素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであれば他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。

まずは査定にかけることをすすめます。

着物を着ると、日本人であることを実感しますが保管だけでも、思いの外大変ですよね。

虫干しに始まって和紙を挟んで元通りに畳み、桐箪笥での保管も必要と、時間も体力も使います。

もし手持ちの着物で、着る機会がないもの、サイズが合わなくなったものがあれば買取を考えてもいいのではないでしょうか。

着物も再び着てもらい、見てもらうことができますし、大変なお手入れも少しは減ることでしょう。

大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は例外的に考えたほうが良いでしょう。

ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。

それもそのはず。

中古の和服市場では、着る機会が限られる喪服の需要は限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。

事情を分かっていても、捨てるのだけは避けたいというのであれば、あまり多くはありませんが、喪服を買い取ってくれる業者もありますので、最初からそちらを頼ったほうが手間がなくて良いでしょう。