着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母の遺品整理もだいぶ進んできたのですが、

祖母の遺品整理もだいぶ進んできたのですが、その中には着物や帯、小物を合わせると結構な量なので処分に困りました。

着物の買取専門業者があると聞き、調べてみたところ電話かメールで連絡すれば無料で梱包する業者も結構あるのですね。

量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、これをお店にどうやって運んだらいいのか、とみんなで話していたので、実にありがたい話です。

形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、総額で結構な値がつくこともありえます。

一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。

着物も衣類の一分野とされ、生活必需品に分類されるので、譲渡しても課税されませんが、美術工芸品とみなされる場合は課税されることもあり、いろいろなケースが考えられます。

金額が多く気になる場合、申告漏れのトラブルを避けるためにもどこの税務署でも常時相談を受け付けていますので、問い合わせをすすめます。

以前は街の質屋さんでは着物を扱うことが珍しくなかったのですが、現在は行わないところも少なくないですから、いきなり店舗に持参せず、先に電話などで確認したほうが良いですね。

また、着物買取を専門にした業者もあり、価値を判断した上で買い取ってもらえるので、そちらの利用を考えてみてはどうでしょう。

どこにあるか知らなくても、ウェブ検索で見つけられます。

手間をかけるだけの価値はあると思います。

私の友人は最近、祖母の形見という着物を手に入れてリサイクルに出したいけど、どこか買い取ってくれるところはないかと周りに聞いて回っています。

傷んでいるところも何カ所かあるそうで、査定しても買い取り拒否、なんていわれるかもしれないなんて心配もあるようです。

まあ、次の買い手がつく品でないと業者も買い取らないでしょうね。

できるだけ新品に近い、傷みのない着物を買い取るのが当たり前ですよね。

何人かの話を聞いて、友達は買取をもういいと思ったようです。

着物買取業者というのをご存知でしょうか。

最近、苦情も多くなっているので、これから利用する人は気をつけましょう。

トラブル例を挙げると、着物の出張査定を頼んだだけなのに、アポ無しで来て、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もあるのです。

ポスティングチラシだけ見て申し込むのは考えものです。

古物商の届出が出ている業者は、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。