着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取に査定してもらうとき

着物買取に査定してもらうときは、喪服は注意しなければいけません。

一般的には喪服の買取はそう広く行われていません。

葬儀に洋装が一般化した現在では、中古ではなおさら、喪服の流通は限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。

それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、ほんのひとにぎりとはいえ、喪服を買う業者さんもないわけではないので、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。

古着ブームでリユース品に慣れた人が増えたせいか、和服買取をしてくれる業者というのが増加する傾向にあります。

インターネットで検索するとたくさんの業者が出てきますが、利用者として気をつけなければならないのは、普通の買取業者を装って、品物だけを詐取するような詐欺まがいの営業をしている業者もあるという事実です。

衣替えのたびに、納戸の桐たんすにある着物を整理したいと漠然と考えてはいたのですが、祖母や母の思い出があるしと、良い引き取り手もなく放ったらかしにしてきました。

ただ、結構買取業者さんって増えてきてるみたいなんです。

ネットで調べてビックリしましたよ。

流行りみたいで。

高額買取の例も具体的に紹介されていて、そこはやはり専門店ですから、着物の価値をきちんと把握してくれるところが気に入りました。

天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。

わが家もとうとう建て替えることになり、昔のものをいろいろと片付けていますが反物がいくつか見つかりました。

保管状態は良く、保管されている間に傷むこともなくたぶん上物だと思います。

着物を買い取ってくれる業者にあたってみると多くは反物も買い取っていることがわかりました。

この反物がわが家にあっても仕立てることはないので、買い取ってもらえれば、こちらとしてはありがたいです。

着物専門の買取業者さんというと、最近では宅配便で対応してくれる業者が珍しくないようなので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、思い切って処分することにしました。

モノは悪くないので、買い叩かれないように、信頼のおける専門店にお願いしたいと思っています。

古着売買には古物商の届出が要るため、とりあえずそれを確認してから査定依頼する予定です。