着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

近頃は街中にも中古和服を扱う店が出

近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、着物買取をする業者が増えています。

業者はネットで簡単に探せますが、もっとも気をつけるべきなのは、本当は営業実態がなくて、不当な安値で叩いたり、着物だけを騙し取るといった詐欺まがいの営業をしている場合もあるということで、評判の確認だけはしておくべきでしょう。

着なくなった着物を買取に出すと、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあり、モノがわからないときは査定で見てもらいましょう。

一方で、合繊・化繊やウール着物については、新しくても元の価格が安いですから、仮に買い取るとしても安かったり、断られることもあります。

普通のリサイクル店などのほうが、買い取りする可能性もあると思います。

中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、利用しようと思っている人は、注意してください。

私が最近聞いた例では、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、事前連絡なしに家にやってきて、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があるようです。

投げ込みチラシを鵜呑みにするのは危険ですね。

まともな業者なら、このような行為は無縁でしょう。

宅配で着物を買取業者に送り、査定から買取まで行うのも当たり前になっていますが、有利な買取のために、気を遣ってほしいのは、ある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる切れ端、保証書といった、品質を保証するものの有無です。

家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それが言うまでもなく、その有無によって査定には大きな影響が出ますので一部でもとってあれば宅配の箱に入れるのを忘れないでください。

ご自宅に古い着物があり、処分したいと思う方は多いでしょうし、今後増えるでしょう。

高価な着物を捨てるのは気が引けますし、ただ捨てるよりは売って、いくらかでもお金に換えたいものです。

もし着物を売りたいなら、専門業者の中ではまずは友禅市場に問い合わせてください。

どこから送っても送料は取られず、査定料もかかりません。

査定だけで、結果を見て売らないこともありです。

着物の買取専門店を利用したことがない方も、まずはこの店のホームページをのぞいてみてください。