着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着る人がいない着物を処分する際は、絹物は紬などの堅物も

着る人がいない着物を処分する際は、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあります。

けれどもウールや化繊の着物というと、本来の価格が低いですから、中古買取でも良い値がつかず、引き取れないと言われることもあるようです。

リサイクルショップのほうが買い取ってくれる率が高いですね。

先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。

専門の業者に引き取ってもらおうと、何軒かあたってみたのですが電話もしくはメール一本で無料で買取用の車を出すところもあることに驚きました。

量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、とうてい自分ではお店まで運べないと途方に暮れていたのでとても嬉しいサービスでした。

この間、祖母が着ていた着物を専門の業者の査定を受け、買い取っていただきました。

私たちが何度も着るような着物はなく、誰も着ないのにとっておくのも祖母の本意ではないでしょうし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

価値をきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。

個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。

どれも価値を認めてもらい、値段にも納得がいく買取ができました。

友達が話していたのですが、祖母から形見分けで譲られた着物を自分では着ないので、業者に買い取ってもらおうかと私に相談してきたのです。

傷んでいるところも何カ所かあるそうで、査定しても値がつかないかもしれないなどと、いろいろ考えているみたいです。

ちょっと考えても、業者は買い取ったものが売れないと困るわけだし、買い取るなら着た跡がない着物の方がいいかもしれません。

はじめは業者を探していた友達も、他の人にも話を聞いた結果、買取をもういいと思ったようです。

着物の買取を検討している方にとって切実な問題は、買取業者の選び方を考えると何を基準にすればいいか、わからないことです。

インターネットであっという間に業者を見つけ、全国の業者と取引できるので決め手がなければ選べないでしょう。

多くの古着屋で着物の買取も行っていますが、ある程度着物としての価値があれば、着物買取の専門店に持ち込んだ方がいいのです。

専門店ならではの、着物に関する知識と経験が豊富な鑑定人が見てくれるので付加価値も含めて、きちんと評価してもらえるでしょう。