着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

私が着物を買い取ってくれる店を探し

私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、友人が買取の概要を教えてくれました。

新しくて着ずれ感がない着物などが良い値段がつき、色あせや生地の傷みがあるときは、査定額もぐっと落ち、価格がつかない(引き取らない)こともあるようでした。

値段がつかないというものはさすがになさそうだし、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。

質屋では以前は和服の取扱いが一般的でしたが、いまは扱わない店も増えていますから、持参する前にあらかじめ確認するのが良いですね。

どうせなら和服買取を専業にしている業者にすれば、より高い価格で買い取ってくれるので、高値だった着物ほど専門店でみてもらうことをお勧めします。

近くにそういった店がない場合も、ネットで検索すれば簡単に見つかります。

普通、着物を売る機会って殆どないですよね。

具体的に処分を考えたら、安値で買い叩かれないためにも中古着物買取業者のクチコミぐらいはチェックしておきましょう。

電話相談できたり買取実績が多くて評判も悪くないお店をいくつか選んで、複数のところに査定してもらい、比べると目安になると思います。

買取額の多寡だけでなく業者の応対の良し悪しも分かりますから、満足のいく結果も出やすいと思います。

着なくなった着物を買取に出すと、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがあります。

一方で、合繊・化繊やウール着物については、元値が低いため、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、断られることもあります。

普通のリサイクル店などのほうが、引き取ってくれる可能性が高いと思います。

こればかりは仕方ありませんね。

着る人がいない着物や、親戚の誰々の着物とかいうのが、私の実家には多く保管されています。

出してみると保管状態が悪いものもありましたが、きちんと値付けしてもらえたのには驚きました。

なんでも昨今は、昔なら断っていたようなシミでも、業者が染み抜きの手配をするため、買い取るパターンのほうが多いそうです。

もちろん、お値段は「相応」のものになります。