着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物の宅配買取は、多くの業者が

着物の宅配買取は、多くの業者が無料で行っていますが注意することが一つあります。

着物の価値の一部にもなっている、反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?リサイクルショップに家電を売るときと同じく、これらは産地や製作者の証明になるので、言うまでもなく、その有無によって買取価格が大きく左右されます。

取っておいたものを全部、送るとき、相手にわかるように入れておきましょう。

一般的に高価な和服。

買取業者で処分する際も、誠実な買取業者を選ばなければ、買い叩かれてしまうこともあります。

着物買取でのトラブルというとやはり、不当な安値での買取りが一番多いです。

また、宅配査定で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。

業者の評判を調べ、ある程度選抜してから依頼すると安心です。

また、中身の写真を撮っておくというのも自分のメモ代わりにもなり、トラブル防止に有効です。

織り着物を持っていて、様々な思い入れがあったので折々の手入れも欠かさず、大事に保管していましたが、ほとんど洋服で過ごしていますし、着物を着ることが、今後ないかもしれないという事情もあっていろいろ考えた末、処分しようと決心しました。

買取ができるかどうかネットで調べた結果、着物を引き取り、換金できる業者があることを知りました。

ただ捨てるよりも、次の人に譲った方が着物も喜んでくれるのではないでしょうか。

いつ、どこに売るかを検討しはじめました。

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、それに合った小物類、帯締め帯揚げなども併せて買取可能です。

セットと言っても、襦袢は例外のようです。

襦袢を下着だとみるところが多く一度でも着たものは買い手がつきません。

襦袢を買い取ってもらえる例として、正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなどうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。

遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。

最近、和服の買取専門業者の宣伝を多く目にします。

もったいないからと手放さないでいると、文化財のように保管でもしない限り、劣化は避けられないので価値が下がってしまうのです。

新しくて状態が良い着物は意外な高値になる場合もあるので、なるべく早めに査定依頼して、買い取ってもらうと、着物も生き返ると思います。