着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなった和服を買取に出そう

着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。

やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが良い値段がつき、色あせや生地の傷みがあるときは、査定価格から差し引かれ、価格がつかない(引き取らない)こともあるとのこと。

まあ、仕方ないですね。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。

着物買取業者というのをご存知でしょうか。

最近、苦情も多くなっているので、査定依頼するときは注意しましょう。

たとえば、自宅への訪問査定を依頼したら、決めた日時より早く、突然押しかけてきて、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もあるのです。

詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。

まともな業者なら、このような行為は無縁でしょう。

もう着ない着物があって、高値で買い取ってもらえたらタンスの中も片付き、お金も手に入って一石二鳥ですね。

新品に近い見た目であれば、高く買い取ってもらえることが多いといえます。

加えて人気の柄だったり、素材が良かったり、ブランド品だったりすると予想以上のお金が手に入るかもしれません。

さらに、仕立てる前の反物だけでも着物と同じ扱いで査定され、買い取りしてくれます。

使われない反物があれば買い取ってくれるかどうか聞いてみるといいでしょう。

祖母の遺品整理もだいぶ進んできたのですが、その中には形見分けできない着物は相当の枚数でした。

専門の業者に売るのが一番いいだろうと、調べてみると電話もしくはメール一本で車で買取に来る業者も結構あるのですね。

量がまとまるととても一人では運べないくらい重く、とうてい自分ではお店まで運べないと途方に暮れていたのでとても嬉しいサービスでした。

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、買い取るとき、高値をつけられるものといえば産地がその名につくブランド品です。

大島紬や本場黄八丈に代表される、昔から着物好きな方に愛されてきた有名ブランドなら欲しい方が多いので査定でも高値を期待できます。

査定時の状態は良くないといけませんし、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはどこの業者の買い取りでも求められます。