着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

長い間着ることなく、タンスにしまっ

長い間着ることなく、タンスにしまったままの着物に困っていませんか?着物を着る機会が多い方はそうはいないもので、虫干しだけでも結構な仕事なのは確かです。

中でも、振袖はお袖が長い分だけ、虫干し一つとってもかなりの労力を割かれます。

振袖など、着る機会が限定される着物は特に、業者に買い取ってもらうと負担が軽くなりますよ。

生地や色柄、仕立てがいいものなら、新品に近く、良い状態で保管されたものは高く売れます。

和服や和装小物の買取といえば、このごろは宅配を利用するものが多いようなので、形見にもらって着ない(小さい)着物をこの際、処分しようかと考えています。

サイズが合わないから着ないだけで、元は高級な品ですから、信頼のおける専門店にお願いしたいと思っています。

古物商の認可が必要らしいので、それを目安にして依頼するつもりです。

一般的に、着物買取業者では、着物の買取だけを行っているのではありません。

各種和装小物も買い取るところが多いのです。

そのことを考えれば、小物まで合わせて買い取ってもらうことでトータルコーディネイトもできるので査定価格を高目におまけしてくれるという話もよく聞きます。

着物と一緒に買った小物類で、着物同様もう使わないのであれば処分も兼ねて、着物と一緒に宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえばいらない小物を手放せるだけでなく、お得にもなるでしょう。

着物を売ってみよう、と考える方は誰でも終始気にするのが自分が納得のいく価格で買い取ってもらえるかなのでしょうね。

相場はどのくらいか、気になりますが明らかな相場はありません。

ブランドや色柄、状態の良し悪し、サイズの違いなどを見られて価格は流動的と考えるべきです。

着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。

どこでも、査定は無料で行っていますから、買取を考えている方は、すぐに電話した方がいいですよ。

タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもらい、全部合わせるとかなりの現金が入ってくるかもしれません。

一度にまとまった額が手に入れば、気になるのは税金、確定申告です。

着物は衣類なので、生活必需品に分類され買取金額には課税されないはずですが、高級なものは美術工芸品とみなされ、売却金額に課税されることもあるので税法上も案外複雑です。

不安を解消してすっきりしたいなら、後から申告漏れで追及されるのは誰でも嫌なので、申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。