着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

振袖と言えば成人式ですが、その前後の思い出だ

振袖と言えば成人式ですが、その前後の思い出だの、思い入れだのあるようで、いつまでもとっておきたい人も多数派なのでしょうが、着る時期を過ぎてしまったら、着物の買い取りに回すとこれからの自分のためかもしれません。

色柄がきれいで、上質の素材であれば思っていたよりも高値で買い取ってもらえるかもしれません。

今の生活を少しリッチにするお金が入ってきますよ。

着ない着物が何枚かあったので、買い取ってくれる業者があると知りネットで業者のサイトをのぞいてみましたが、本や洋服を売るときと同じ流れのようで、着物が傷まないよう、自宅まで取りに来る業者や宅配用の箱を無料で送ってくれる業者もごく当たり前になっているようです。

その中から自分に合った買取方法を探しました。

着物の枚数は少ないので近くのお店の予約を取ってから、直接持って行き、その場で買取が終われば一番楽だと考えています。

サイズが合わない着物の買取先を探していたら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。

きれいで新しめの品物のほうが高値になり、逆に退色やシミがあったりすると、査定額もぐっと落ち、価格がつかない(引き取らない)こともあるようでした。

シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、査定依頼してみますが、はたしていくらになるでしょう。

もう着ない着物を買い取ってほしいとき終始気にするのが売れるとしたら、納得のいく価格になるかではないでしょうか。

相場がわかればと思うかもしれませんが、相場はないというべきで、素材も、仕立ても、状態も、サイズも問題になるのでそうした条件を全部考え合わせて査定されます。

着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。

たいていのお店では無料査定を受けられますので買取を考えている方は、すぐに電話した方がいいですよ。

中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者の広告がよく目につきます。

箪笥の肥やし状態で放っておくと、クリーニングして袖を通さないでいても、経年劣化はあるので思い入れとは裏腹に、価値が落ちてしまいます。

新しくて状態が良い着物は持ち主が思う以上に高額になることもあるので、思い切って早めに買取してもらうと良いですね。