着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなって久しい着物を処分するのに頭を悩ませている人

着なくなって久しい着物を処分するのに頭を悩ませている人は多いでしょう。

最近はネットで和服買取をする業者が増えているようですから、活用してみるのも良いでしょう。

大事に保管してきた着物でも、どこかで誰かが活用してくれると思うと嬉しいですね。

ほとんどの業者さんは無料で査定しますし、数が多くても宅配便を利用したり、訪問査定も依頼できます。

それに、丁寧に保管していたものは意外と高額査定が受けられる可能性もあります。

要らなくなった和服を整理する際、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあります。

ただし化学繊維やその混紡着物、ウールなどは、もともとの価格が低いせいもあって、小額でも買い取ってくれるなら良いほうで、引き取れないと言われることもあるようです。

古着屋さんやリサイクル店なら、買取価格がつくことも多いでしょう。

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、買い取るとき、絶対的な価値を持っているのは織り、染めなどが有名な産地の品です。

大島紬や本場黄八丈に代表される、着物好きなら持っていて当然と言える有名な産地の着物は古くても価値があるので査定でも高値を期待できます。

査定時の状態は良くないといけませんし、証紙のあるなしが査定に大きく響くことはどこの業者の買い取りでも求められます。

量がたいしたことなければ、自分の手で和服買取のお店に持参するのが納得の秘訣だと思います。

訪問査定と違って、業者の出した金額に不満があるときは、買い取りを断ることも簡単です。

対面ですからわからないことも聞けますし、価格面でも納得がいきやすいでしょう。

しかし量が多くて持ち込むのが難しい際は、少量をお店に持ち込んで査定してもらって、ここなら良いというところに出張査定を依頼すればよいのではないでしょうか。

着ないままタンスにしまってある着物は案外多く、買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方も少なくありません。

着物を売ろうと考えているが、どれが高く売れるのか疑問に感じる方が多いでしょうが需要が多いのは何といっても訪問着です。

訪問着であれば同じ着物を長年にわたって着られるし、未婚、既婚を問わず、幅広い場面で着られるからです。

訪問着を買い取ってもらおうかとお考えの方、どのくらいで売れそうか、査定を受けてみるといいですよ。