着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどい

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、買い取るとき、絶対的な価値を持っているのは産地の名を冠するブランドものです。

大島紬の他、本場黄八丈などどんな着物か、着物に関心がある方なら目に浮かぶような有名な産地の着物は古くても価値があるので高額買い取りもよく耳にします。

保管状態が良くないと価値が出ませんし、証紙のあるなしが査定に大きく響くことは着物買取の常識です。

わが家もとうとう建て替えることになり、ためこんでいたものを整理していると仕立てる前の反物が見つかりました。

上手く保管されていたので状態も良く、保管されている間に傷むこともなくきれいなままで残っています。

着物を買い取ってくれる業者にあたってみると反物の買取をしているところがいくつかありました。

この反物がわが家にあっても仕立てることはないので、買い取ってもらえれば、こちらとしてはありがたいです。

着物買取の査定を受けるときにその着物や反物の証紙があると、とても有利です。

反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、産地で、一定以上の品質の製品だと公に証明している登録商標だと考えてください。

証紙は捨てられたり言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですが家電やパソコンと同じように、品質を証明する書類のあるなしで買取価格が大きく違いますので捨てていなければ、ぜひ探してください。

和服は高価だし思い入れもあるもの。

処分するときにも、きちんとした専門業者さんに依頼しないと、大損なんてことになりかねません。

よく聞くトラブルというと、相場を無視した安値とか、宅配便査定のキャンセル時に、返送されない・足りない・物が違うというのも多いです。

業者の評判を調べ、ここはと思うところに依頼しましょう。

梱包前に写真を撮っておくのも良いかもしれません。

発送伝票も大切に保存しておいてください。

不要になった和服。

もしリフォームするのでなければ、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。

たとえば紬などは流行に左右されず、置賜紬のように全国的にはあまり名が知られていないものでも、産地・種類を問わず買取してくれます。

専門店なので買取額も高めなのが良いですね。

紬は男性物でも良いですし、作家物や一般の友禅染の着物なども取扱対象のようです。

一度問い合わせてみてはどうでしょう。