着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着物買取の値段を決める要因は、

着物買取の値段を決める要因は、というと着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。

そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。

もとは最高級の着物だったとしても、汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだと本来の価値を認めてもらえないのは仕方ないと思ってください。

それでも、何とかきれいに落とせるなら買取できるかもしれません。

くれぐれも素人判断は禁物です。

まず無料査定にかけてみるのが一番です。

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、帯に合った帯締め帯揚げなど小物も買い取りを行うことが多いです。

ただし、襦袢は買い取らないケースがほとんどです。

襦袢は下着の位置づけなので未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。

付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などはうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。

いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前に高く買い取ってもらうには何が必要かあちこち調べると、何となくわかってきました。

そもそも高級な品であることは必須条件でしょうが、加えて、保管状態や使用状況、つまりシミや傷がないかなども査定のチェックポイントだそうです。

もとがどんなに高価だったとしても査定で傷を発見されると大幅な査定額減は避けられないようです。

多くの方が、着物をタンスの肥やしにしているもので、着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方も少なくありません。

着物の中でも、需要が多くて売れやすいのは何かと手持ちの着物を見ながら考えてしまう方もいるでしょうが、訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。

幅広い年齢層からの需要があるのは訪問着で、未婚、既婚を問わず、幅広い場面で着られるからです。

訪問着で、手放してもいいものがある方は、どのくらいで売れそうか、査定を受けてみるといいですよ。

着なくなった着物の処分は難しく、困っている方もこれから増えていくでしょう。

可燃ゴミにはしたくないものですし、価値があるなら、売ってお金をもらいたいですよね。

実際、着物の買取を扱っている業者は数多いのですが、まずは友禅市場に問い合わせてください。

送料と査定料がかからないことは大きいと思います。

無料査定ならば、とりあえず価値を知りたい方にもおすすめです。

着物の買取専門店を利用したことがない方も、まずはここの買い取りシステムを参考にしてください。