着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

不要な着物を処分した結果、思い

不要な着物を処分した結果、思いの外いい値段で売れるかもしれません。

確定申告は必要なのか、気になるところです。

着物は衣類なので、生活必需品に分類され買い取りも課税対象ではないのですが、もし美術工芸品とみなされれば売れた額に課税されることもあり、税法上も案外複雑です。

不安を取り除くためには申告漏れのトラブルを避けるためにも税務署には通年の相談窓口がありますから、ぜひ問い合わせてみましょう。

最近多い着物買取専門店に買い取りを依頼すると、振袖以外の正絹の着物でもなかなか良い値段がつくことがあります。

しかし、正絹でない合繊や化繊(ニューシルク含む)、ウールや麻の着物は、もともとの価格が低いせいもあって、専門店では安値になってしまうか、引き取れないと言われることもあるようです。

リサイクルショップのほうが買取価格がつくことも多いでしょう。

自分で仕立てた着物だけでなく、譲られたものなど結構あって着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方もどこかで聞いたことがあるでしょう。

着物の中でも、需要が多くて売れやすいのは何かと誰でも疑問に思うでしょうが、訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。

訪問着なら年齢を重ねても着ることができて、未婚・既婚も問うことなく、いろいろな場面で着ることが可能なためです。

訪問着を買い取ってもらおうかとお考えの方、どのくらいで売れそうか、査定を受けてみるといいですよ。

日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。

そんな中で、買取で高い評価を得られるものといえば高級品に格付けされる産地の品です。

たとえば大島紬、本場黄八丈のような着物好きなら一枚は持っていたいような有名ブランドであればファンが多いので、高額買い取りもよく耳にします。

着物の状態が査定額を左右することはもちろん、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことは着物買取の常識です。

着物買取の査定では、主な判断材料として着物そのものの品質もさることながら、状態の良し悪しはかなり重要です。

もとは最高級の着物だったとしても、汚れがついているものや、カビの跡が見られるものは本来の価値を認めてもらえないのは普通の結果なのです。

それでも、何とかきれいに落とせるなら買取の可能性がかろうじて残っています。

言うまでもなく、判断を勝手に行ってはいけません。

とにかくプロに見てもらわないと、最終的な価値はわかりません。