着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので売

祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので売ることになり、買取専門の業者に相談しました。

今後、私たちが着物を着る機会は少なくこのまま日の目を見る機会がないのも着物が生かされないと思うし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

価値をきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。

個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、提示されたのは全部まとめての値段でした。

でも、全て買取可能ということで、値段にも納得できたので売ることを決めました。

サイズが合わない着物の買取先を探していたら、友達が売却の流れについてネットで調べてくれました。

新しくて着ずれ感がない着物などが価格は高くなるらしく、逆に退色やシミがあったりすると、それなりの価格になってしまうこともあり、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるようでした。

私のは比較的新しいし殆ど着ていないので、査定だけでもお願いしてみようかなと思います。

着物の買取ではじめに突き当たる壁、それは買取業者を決めるときに何を基準にすればいいか、わからないことです。

今はネット検索で業者がいくらでも見つかり、ランキングサイトまである世の中なので決め手がなければ選べないでしょう。

たいていの古着屋で、着物の買取も行うでしょうが着物としての価値を追求するなら、専門の業者でないとわかってもらえません。

専門のお店だからこそ、着物についてよく知っている鑑定人が見てくれるので不当に低く見積もられることは少ないでしょう。

普通の人が和服を買い取ってもらうことはあまりないと思うので、もし処分するなら、価値相応の価格で買い取ってもらうために和服買取店の評判のチェックぐらいはしておきたいものです。

電話相談できたり買取実績が多くて評判も悪くないお店をいくつか選んで、複数のところに査定してもらい、比較します。

買取額の多寡だけでなく業者の応対の良し悪しも分かりますから、満足のいく結果も出やすいと思います。

量がたいしたことなければ、着物の買取は、店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。

自宅に上げる必要がないので、査定額に納得がいかない場合は、断ることも気兼ねなくできます。

対面ですからわからないことも聞けますし、価格を交渉することもできます。

それと、もし量がたくさんあって持参が困難な場合は、一枚だけ試しに持参して査定してもらい、これなら大丈夫という引取業者に出張で査定を依頼するというのも手です。