着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

着なくなった着物を買い取って

着なくなった着物を買い取ってほしいけれど値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。

結構そういう方がいるようです。

着物は案外種類が多く、高く買い取ってくれるものとそうでないものがあります。

また素材の他、技法、色柄などによっても価値が決まります。

素人が買取価格を予想するのは無理です。

けれども、有名作家の作品や、誰でも知っているブランドの着物ならば、結構な値段で売れることも珍しくありません。

ブランド品でも最近のものはサイズが大きいものが多く、着たい人が多いため高値で転売できる可能性があるからです。

自宅をリフォームすることになり、あらゆるものの整理を行っていたところ仕立てる前の反物が見つかりました。

上手く保管されていたので状態も良く、保管されている間に傷むこともなく買ったときの状態を保っています。

着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、こうした業者は、反物も扱っているようです。

この反物がわが家にあっても仕立てることはないので、次に必要とする人のために、手放した方がいいと思いました。

これから着物の買取業者さんにお願いしようと思ったら、喪服だけは気をつけなければいけません。

ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。

和服の中古市場では、普段使いでもなければおしゃれ着にもならない喪服の需要というのは、僅少だからです。

それでもなお、買い取ってくれる業者を探したいのであれば、限られた一部の会社ですが、喪服を買ってくれる業者さんもありますから、最初からそちらを頼ったほうが手間がなくて良いでしょう。

古い和服を処分すると言ったら、お茶仲間の人から売却の秘訣を教えてもらいました。

状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが良い値段がつき、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、元が良い着物でも査定額は落ち、買い取らない(値段がついても捨て値)場合もあるみたいです。

さすがにそこまで悪いのは手元にないので、とりあえず査定だけでもと思いました。

ある年代の女子にとって振袖は正装で、大事な場面で着るものですが、そうそう何度も着られるものではありません。

ですから、管理が負担になるくらいなら、買取業者に引き渡すのも大事な着物を有効活用する道です。

いくらで買い取るかは気になるところですが、保管状態があまり良くないと数千円ぐらいで、生地と仕立てが良く、良い状態で保管されていれば数万円になることもあります。

どんな着物でも、仕立てたときや着たときの思い出がたくさんあるでしょう。

相談や査定は多くの業者が無料で行っています。

何軒かで調べ、納得できたときに手放せれば、一番いいと思います。