着物の買取

着物の買い取りについて詳しく解説していきます

家を建て替えることが決まったのでこの際だから

家を建て替えることが決まったのでこの際だからと整理を進めていたら反物がいくつか見つかりました。

手入れはされていませんでしたが、しまっていた場所が良く外側だけ見ましたが、傷みはなくて買ったときの状態を保っています。

着物の買取業者に尋ねてみたところ、こうした業者は、反物も扱っているようです。

この反物がわが家にあっても仕立てることはないので、そのうち買い取ってもらおうと前向きに考えています。

着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。

そう思うのもわかります。

着物は案外種類が多く、高く買い取ってくれるものとそうでないものがあります。

また素材の他、技法、色柄などによっても価値が決まります。

着物鑑定のプロでないと、買取価格は見当がつきません。

ただし、もし有名作家の作品だったり、有名ブランドの着物だったりするなら、査定で思わぬ高値をつけられるかもしれません。

現代の作家の作品や、最近織られたブランド品は昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので中古市場で高値をつけられるからです。

着物買取専門と言っても、着物と帯にとどまらず着物に付随した小物、たとえば帯締め帯揚げなど買い取りもできるので、聞いてみましょう。

ただ、襦袢の買取は期待しないでください。

肌着とは言えませんが、下着に分類されるため着用されたものは誰も買わないためです。

それでも買い取る可能性があるのは素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。

不要になった和服。

もしリフォームするのでなければ、中古着物専門の業者さんに買い取ってもらうと良いですね。

紬や絣といった着物なら、地域ごとに差異があるのが面白く、根強い人気があるので、プロがしっかり見た上で値段をつけてくれます。

特に力を入れているお店では、高値買取も夢ではありません。

紬のほかには、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども扱っているようです。

何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

着なくなった着物を整理したいと思いつつ、どこに頼んだら良いのかお困りの方も少なからずいらっしゃるでしょう。

それならネットの和服買取業者を利用すると手軽で良いと思います。

業者のサイトから申し込むだけで、手数料や宅配便の送料が無料になることもあります。

もともとは高かった着物を見てもらうのですから、きちんと価値のわかるお店に査定してもらうことが大事なポイントです。